東工大発AIベンチャーのSOINN、エネルギー需要予測AI「E-1F」などネット販売開始 | fabcross

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超軽量教師あり学習方式を用いてディープラーニング方式と同等の精度を得る場合、学習画像の枚数やハードウェアコスト、学習時間のいずれも50~100分の1に …

続きはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る