「PSIRT Services Framework 1.0」の日本語翻訳文書公開について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それと同時にIoT機器やソフトウェアの脆弱性を突いたセキュリティ事故も発生するようになりました。IoT機器やソフトウェアの開発ベンダーは、製品・サービスの …

続きはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る