Intelの機械学習用トレーニングチップ「Spring Crest」の性能を読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープラーニングのワークロードでは各種のサイズの行列積が出てくる。Spring Crestでは1024×700×512から5124×9124×2048と大きくサイズが異なる行列 …

続きはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る