AIは先生に取って代われるか 数学者、国立情報学研究所教授・新井紀子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は2011年から「ロボットは東大に入れるか」という人工知能(AI)プロジェクトを進めている。そのためだろう。AIについて雑多な質問を受けることが多い。

続きはこちら

関連記事

コメント

    •  YO ♬ YO ♬
    • 2019年 2月 14日

    人間でも「意味」なんか普通は考えてないし、答えもない。
    ただより多くの情報があるだけ。

    だから情報がヘンな時判断にこまる。TVを観ない人がマツコデラックスをオバチャンではなくオッサン、と判断することは難しい。

    マンガ絵を描く人に女の子と男の子の描き分け方を聞けばいい。技術的なことしか言わないはずだ。

    しかし、彼女の文からでも収穫はあった。AIははぐらかすが、人間は平気でうそをつく。知ったかぶりをする、間違ったのは問題が悪いからで間違ってもしかたがない、と言う。人は決して自分のせいにしないから、間違った答えを平気でできる。

    AIに必要なことがひとつ増えた。間違ってもいいんだよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る