AIカメラで来店者の「興味」「滞在時間」を蓄積 2019年4月に「蔦屋家電+」がオープンへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このデータ蓄積を実現するのは、オプティムが開発し、すでに小売・飲食・商業施設に導入されている「OPTiM AI Camera for Retail CE」というシステムだ。

続きはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る